ビールダイエット

 

ビールダイエットって聞いたことありますか?

ダイエット中は控えたいお酒の席…。

もうすぐ夏、ビールが美味しい季節になってきますね!

賢く飲んで、ビールと上手に付き合えば、

体重が増えるなんていう事も防げます♪

ビール好き、お酒の席が多い方は必見です☆

 

 

 

◎ビールのカロリーや1日の適量は?

正しく知って賢く飲みましょう♪

ビール1杯(約500ml)は、200kcalです。

ご飯軽く1膳が250kcalなのでアルコールは意外と高カロリー。

1食に必要な成人のカロリーは600~700kcalなので、

飲み過ぎるとカロリーオーバーに繋がりますね。

また1日のアルコールの適量は、純アルコールで20gだとされています。

※アルコール量の計算式

お酒の量(ml)×【アルコール度数(%)÷100】×0.8

⇒ビール(500ml)×【5%÷100】×0.8=20g

 

中瓶で1本、ジョッキで1杯位ですね~。

飲み会やビアガーデンなど、

ビールの季節には適量では抑えられないのが現実。

1週間の総量で調整する事もポイントになります。

休肝日の無い方は、アルコール量が増える時期は

極力設ける様にする事をお勧めします!

いつもはジョッキで飲むところを、小さめのグラスでゆっくり飲む、

という方法もあるかもしれませんね。

 

 

◎おつまみの選び方

 

【外で飲む場合】

ポイント①

[揚げ物を控える!]

素材は同じでも、揚げてあるだけで100~200kalの差があります。

炒め物、焼き物や、蒸し物、生もののメニューを選ぶ様に☆

 

ポイント②

[脂の多い肉や魚を避ける!]

脂身の多いバラ肉、ロース肉、皮などより、

もも肉、ひれ肉、むね肉、ささみなどを選ぶ様に☆

また、大トロ、サバ、さんま、ほっけなどは

脂が多く高カロリーになりがちなので、

淡白な白身魚を選んだり、食べ過ぎには注意を!

 

ポイント③

[マヨネーズたっぷりのサラダに気を付けて!]

ポテトサラダ、マカロニサラダなどはサラダと言っても

糖質の多いジャガイモやマカロニ、脂肪の多いマヨネーズが主体のメニューなので、

高カロリー高脂質で減量中には注意が必要です。

 

サラダは色の濃い野菜が含まれている、彩の良いものを選んで☆

ドレッシングもたっぷりだと脂質が多くなりがちなので、

極力ヘルシーな和風ドレッシングや、ノンオイルだと◎。

 

【自宅】で飲む場合】

ポイント①

[メニューを選べない時は量で調整!]

自宅で準備されている場合など、自分で選ぶ事が出来ませんね。

揚げ物や油物、炭水化物の量に注意すると効果的。

お酒を飲む場合、ご飯や麺などの炭水化物量は1/2~1/3を目安にして下さい。

 

ポイント②

[乾物を食べる時は?]

カロリー同様、塩分が多く含まれるので食べ過ぎには注意が必要です。

エイひれなど魚系の乾き物は、添えのマヨネーズを付けないだけで100kcalの削減に。

ナッツ類の含まれる菓子も、意外と高カロリーなので食べ過ぎを控えましょう。

 

ポイント③

[締めを止める!]

そもそも飲みながらの食事は、食欲が増し食べ過ぎになりがちです。

寝る直前の【締め】は、そのまま脂肪に変わるだけ!

どうしても食べたい場合は、今までラーメンの場合、

うどんやそば、そうめんなど低カロリーなメニューに置き換えるだけでカロリーが減ります。

難しい場合はいつも飲んでいた汁を残す、という手もありますね

 

 

 

ビールの賢い飲み方&おつまみを摂る時の工夫、色々とありますね。

自分に合った方法でコントロールする事が重要です。

アルコールが入ると気が大きくなりがちなので、

ついつい「今日だけ」「まあ、いっか」と緩みがちですよね。

身体は日々の積み重ねで作られるので、ほんの少しだけ、

いつもより気を付けるだけで十分なのです。

我慢のストレス無く、ビールの美味しい夏を乗り切りましょう☆