スタッフブログ

2018.05.04

北海道グルメ

こどもの日 この祝日どういう祝日かご存知ですか?江戸時代までは死傷者がでる風習もあった。

こどもの日 (5月5日)のトリビア

 

こんにちは、サイブックスです!

 

明日はこどもの日!

 

 

私も実はよく知らない「こどもの日」について歴史や意味を少し調べてみました。お暇でしたら少しお付き合いください。

 

まず「こどもの日」でWIKIPEDIAを見ると

 

端午の節句、祝日法2条「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。

1948年に制定。ゴールデンウィークを構成する日の一つである。

 

 

くらいしか書いていなかったので次に「端午の節句」で調べてみました。
全部を書くと長くなるのでまとめると、

 

端午の節句とは。。。
昔は5月は悪い月とされ、邪気を払うために、香りの強い菖蒲などで厄除けしていた。
この頃は田植えのシーズンは女性が田植えをしていたので端午は女性のための日だった。

 

しかし江戸時代の頃から菖蒲が「尚武(武を重んじること)」に変わり、男の子の日に変わっていったそうです。

 
また、この江戸時代までは端午の日に子供たちが河原で石合戦をする「印地打ち」という、

とてつもなく危険な風習があったそうですが、負傷者や死亡者が相次いだためこの風習は禁止になったそうです、なくなってよかった!

 

 

そして「こどもの日」といえば柏餅(かしわもち)!

柏餅を食べる風習は、柏は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから

「家系が絶えない」縁起物として広まっていったそうです。

 

 

 

明日は我が家も柏餅を食べて、夜は家族全員でお食事会です!
みなさまもよいGWをお過ごし下さい!

お気軽にお問い合わせください!

電話からのお問い合わせ

0120-377-021

0120-377-021

営業時間 9:00〜20:00

WEBからのお問い合わせ

一覧に戻る

カテゴリー

電話からのお問い合わせ

0120-377-021

0120-377-021

営業時間 9:00〜20:00

WEBからのお問い合わせ

買取申し込み