こんにちは、本買取サイブックスです!

 

今日は道民みんなが大好きな『カツゲン』についてのお話です

 

先日、従業員から、疲れた時に飲んで下さいと
カツゲンを頂きました

良く見ると・・・『あのころのカツゲン』!?

あのころのカツゲン

あのころのカツゲン

サイズは200mlで、いつも飲んでいるカツゲンに比べ
少し味が濃い目です。

昔からカツゲンは大好きでよく飲んでいたので、
なつかし~なんて言いながら飲んでいたのですが

ふと、「あのころ」って??? と思い調べてみたら

 

昭和54年より前でした!!!

私、53年生まれなので0歳の時ですね・・・

なつかし~なんて言っときながら(笑)

 

カツゲンの歴史は

『ソフトカツゲン』の歴史は、昭和13(1938)年「活素(かつもと)」という名で発売した時代にさかのぼるとされています。 その後、昭和31(1956)年に瓶入り「カツゲン」、昭和54(1979)年に紙パック入り「ソフトカツゲン」として発売し、長きにわたり北海道民に愛されてきました。

 

昔はビンだったんですね~

元祖カツゲン

元祖カツゲン

 

今現在は色々な種類のカツゲンが販売されています

2016年2月16日からは

『ゆずレモンカツゲン』

ゆずレモンカツゲン

ゆずレモンカツゲン

 

過去には

 

『青りんごカツゲン』・『ピーチカツゲン』・『ぶどうカツゲン』

『メロンカツゲン』・『いちごカツゲン』・『みかんカツゲン』

『はっさくカツゲン』・『レモンカツゲン』・『グレープフルーツカツゲン』

『シトラスカツゲン』・『柚子カツゲン』・『なしカツゲン』

『洋なしカツゲン』・『マンゴーカツゲン』・『マンゴスチンカツゲン』

『シークワーサーカツゲン』・『キウイカツゲン』・『バナナカツゲン』

『さくらんぼカツゲン』・『ライチカツゲン』・『うめカツゲン』

『ハスカップカツゲン』・『フルーツミックスカツゲン』

 

こんなに色々出てたんですね!

でも、私は一番プレーンが好きです♪