ご存じの方も多いのかも知れませんが、
来月「サッポロモノヴィレッジ」というイベントがあるそうです。
私は知りませんでした。

モノ」、手作りのモノのイベントらしく、
なんと1000人を超える手作り作家が札幌ドームに集結!
ということは、その日札幌ドームで目につくモノというモノ
全て手作り、ハンドメイドの一点モノです。

アクセサリー、クッキー、器に小物、人形など
何もかもが手作りに囲まれる夢の様な2日間……!

BOOKLAB.に持ち込まれた手作りの手帳。実に味があります。グッと来ます!

BOOKLAB.に持ち込まれた手作りの手帳。実に味があります。グッと来ます!

はるか昔は手作りが当たり前だったんでしょうが
今それはとても考えられないことです。
人類何代にも渡る改善に次ぐ改善に次ぐ改善の努力が生み出した
出来の良い既成品に囲まれながら、
それをわざわざ自ら手で作るとは考えすらしません。

しかしながら、考えなくなると、
使い捨てることに何の感情も持てなくなりますね。
100円ショップなどで買ったモノを無造作に使い捨てて、
一応「もったいない」とか言うのかも知れませんが、
それは使い捨てたモノに対する申し訳無さなのか
単に買うために使ったカネが惜しいだけか、恐らく後者でしょう。

極端な話ですが、家具や日用品の一切を誰かの手作りのもので
(それも、作った人と会話したりしながら直接)
揃えたとすれば、もう決してずさんに扱えないように思います。

モノの背後に人がいるわけですから、
人をないがしろにしないのと同じように
そのモノをないがしろには出来ません。

もちろん、全てのモノは手作りであろうと無かろうと
大事にすべきだとは思うんですが
うがった言い方をすれば「大事にしやすくなる」と言うか……。

とりとめの無い話になってしまいましたが
このサッポロモノヴィレッジに行けば
ステキな手作り品に出会えることうけあいです。
当サイブックスやブックラボでも、
手芸やビーズ、料理などの本は強く人気があります。
不要になった本がありましたら、当サイブックスへどうぞ!
あなたが手作りするのに使った本で、
まだ見ぬ誰かが新たなモノを生み出すのです!
IMG_1280