ジョン・ケージ

著名な前衛音楽家、ジョン・ケージ。詳細はwikipediaを御覧ください。

彼の代表作”4分33秒”を、自分なりに演り、更には世界とシェア出来るアプリがありました!

 

”4分33秒”

 

この曲をご存知の方なら、上の文を読んで「演る?」と違和感を覚えたかもしれません。

”4分33秒”とは、観客の前で4分33秒、「なにもしない」という前衛表現です。

何もしないなら無音じゃないかと思いきや、そうではありません。

4分33秒の間、観客は環境音やら心音やら、めいめいのアンテナによる音と向き合うことになります。

それこそが偶然性の音楽、不確定性の音楽……

 

とにかくitunes storeで120円払い、このアプリを手に入れてください。

起動するとこんな画面が。

“record”ボタンを押すと録音開始されます。

 

“4分33秒”は第三楽章に別れており、合間にごく短い休憩をはさみます。

画面上の”Movement”1・2・3とはその再現です。

 

終了。これで俺もジョン・ケージ。

これで俺も前衛。

 

ジョン・ケージのヤサ周辺の4分33秒もお楽しみだ。

 

世界に目を向けましょう。

スゴイ数の4分33秒、スゴイ数の前衛……

 

おらが国も負けてらんね

 

おらが町も……す、少ない!

 

これでは北海道は前衛になれない……。

皆さんもこのアプリを買い、4分33秒を演り、前衛になってください。

それだけで名刺や、ツイッターやインスタのプロフ欄に

『現代音楽家』と書けるようになり、誰にもナメられなくなるんですよ。

レッツ現代音楽。レッツ前衛。

俺だってジョン・ケージ!