こんにちは、サイブックスです!

先日のブログでライジングサンのことについて書きましたが、

その時、ドラム缶のバーベキュー台を作ったので

作り方を紹介します。

今回のドラム缶はなじみの廃品業者さんから200円で購入。

すでに中も洗って、きれいにしてもらっています。

片側の蓋は無いタイプのドラム管でした。

 

S__115417091

 

まず半分に切断するためにマッキーで線をひきます。

そして、サンダーで切っていくのですが、

切る順番としては

ドラム缶を立てた状態で蓋のほうを残して、

サイドから先に切れ目をいれました。

最後に残った蓋部分を切って分割完了。

 

IMG_5187

 

 

片側に蓋がないので今回はひっくり返して

2枚重ねてコンロ部分完成。

2枚重ねるので重くはなってしまうのですが、

しかし、規模や人数に合わせて横幅調整が可能!

 

足は足場用の単管を組み合わせて作ります。

直角の組み合わせが可能な直行クランプが4個

1.5mほどの単管を5本使い、この画像のように組み合わせました。

あとはコンロ台を載せるだけで完成!

 

IMG_5189

 

IMG_5188

 

淵のやすり掛けなども含めて、作業時間は40分くらいだったと思います。

大人数のBBQなどに大活躍間違いなし!

制作の参考になれば幸いです!