ブックアート ? ? ?

図録とかスか ?

違います。
アートについてのブックではなく、ブック自体がアートになっているという……

つまりこういうことです。

ステキですね!

世界的ハンドメイド通販サイトEtsyでもジャンルとして成立しており、
様々なブックアートが買えます。

artscapeさんの
2017年03月15日号、『アートワード』から引用しますと、
>日本では、10世紀ごろから「絵巻物」という、
>絵と詞が組み合わされたアート・ブックが親しまれている。
>それより先に生まれた「経典」「古筆切」や、
>江戸時代後期に親しまれた「豆本」など、
>さまざまな形態の「本かつ美術品であるもの」が現在にも伝わっている。

本にハサミを入れたりしなくても、
本そのものが芸術作品として成立していれば『ブックアート』だそうです。
豆本といえば当サイブックスにも豆本が入ってきたんですよ。

あのHTB放送局が出していたシリーズです。
北海道ローカルの話が色々と書かれており味があります。
ローカルならではの親近感と、豆本の小ささが絶妙に合うのです。
これも『ブックアート』ですね。

皆さんも本にハサミを入れてみてはいかがですか?
お子さんの工作にもうってつけですよ!