こんにちは、サイブックスです!

海外で年を追うごとに日本のウイスキーが人気を高めていることをご存知でしょうか?

 

ウイスキーといえば本場スコットランドのスコッチが有名ですが、

日本初のウイスキー蒸留所は、「山崎」というウイスキーで有名な

大阪府三島郡島本町にある山崎蒸溜所で、

1923年にサントリーの創業者、鳥井信治郎氏が建設しました。

 

uisuki

 

当初鳥井氏は、スコッチウイスキーを凌ぐ事は考えてもいませんでしたが、

2014年、英誌「ワールド・ウイスキー・バイブル」の2015年版にて

「山崎シェリーカスク2013」が世界最高のウイスキーに選ばれていたのです。

 

現在、「山崎シェリーカスク2013」を販売しているお店はもう殆どないようです。

ネットショップでは、な、なんと47万5000円もの価格で販売されていました。

どんなお味がするのでしょう。。。一度でいいので飲んでみたいものです。

 

いま海外では日本のウイスキーの「響」や「竹鶴」の相場が倍になっているとのこと、

また、日本に来た外国人の蒸留所の見学ツアーなんかも増えているみたいです。

 

日本酒やウイスキーなど海外を魅了する日本ブランド。

まだまだ日本ブームは続きそうですね。

 

もしお家で飲まずに眠っている高級ワインやお酒がありましたら

本と同様に高価買取できるかもしれないので、

スタッフにお気軽にご相談くださいね!