こんにちはサイブックスです。

 

 

世界幸福度ランキング

の2017年度版が発表されました。

 

 

 

 

世界一幸福な国はノルウェー!

さらに上位5か国のうち4か国が北欧圏というから流石ですね。

 

日本は51位!

高いのか低いのかはそれぞれの感じ方ですが、
世界有数の経済国!と言われるわりには随分低いな~と感じました。

 

経済の規模や発展度合=幸福度ではないということですね。

 

ハフィントンポスト:世界幸福度ランキング2017

 

 

ところでこの幸福度ランキング、何を基準に決められているのか
気になったので少し調べてみました。

そもそも幸福度を計れる尺度なんてあるんでしょうか?

リムジン!シャンパン!クルーザー!が幸せな人もいれば、
サウナで漫画読んでる時間が幸せな人もいると思うんですけど……笑

 

 

 

幸福度ランキングの基準

 

幸福度ランキングは以下のような要素を総合的に加味して計算されているそうです。

・人口あたりGDP
・社会的支援
・健康寿命
・人生選択の自由度
・性の平等性
・社会や企業の腐敗の少なさ

 

ちなみに去年のランキングを見てみると、
日本は健康寿命の項目では世界3位!

 

しかし、性の平等性に関しては157か国中、なんと136位!

ちなみに日本よりさらに下にいる国は約半数がアフリカ諸国・東欧諸国です。
なんだか考えちゃいますね。

ちなみに厚生省の調査には約6割の日本人が「生活が苦しい」と回答したそうです。
すごく考えちゃいますね……。
毎日新聞

 

結果、総合順位では日本は53位でした。(2016)

 

wikipediaで2016年のデータを細かく並び替えたりして
見られるので興味のある方はどうぞ!

世界幸福度報告

 

 

 

ところで、幸福度と聞くとブータン王国が思い浮かぶ方もいるかも知れません。

世界一国民が幸福を感じてる国なんて言いますよね。

世界幸福度ランキング2017でブータン王国は

世界97位。

 

 

どういうことなんでしょうか。

幸福度ランキングを運営しているのは国際連合の持続可能開発ソリューションネットワーク

要は、“幸福”の価値観が欧米思想に基づいているんですね。

 

一方、ブータン王国が発表してるのは国民総幸福量
という独自の統計で、その調査項目には

・自分自身がスピリチュアルだと思うか?お祈りや瞑想をするか?

  ・地域の祭り、祭りの意味、祭りで行われるダンスや歌の意味の知識について

といった明らかに仏教・東洋思想色の強い項目があるようです。

 

結局、宗教も歴史も思想も異なる他国を一律にジャッジできる物差しなんて存在しませんね!

やっぱり幸福の基準は十人十色ならぬ十国十色。

 

自分なりの幸福を追求していきたいものですね~。