働く人々の百科事典

今『百科事典』というと紙の本よりインターネット

それこそwikipediaあたりにその役割をとって代わられていると思いますが

まだまだwikipediaでは調べられない情報はあります。

 

それが載ってるのがこちら、働く人々の百科事典です。

邦侑社・刊。昭和36年初版

著者:生活文化協会会長・笹子修三さん。

序文でネタ本だとわかりますが……

『働く者として これだけの知識は是非ほしい』

と言って1発目が憲法九条ですから、これは非常にタイムリーです。

何が書かれているかは、あえて書かないですが……。

味噌汁スープの優劣もご確認いただけます。

新社会人の皆さま、労働について迷ったときは

是非この本を手に取ってみて下さいね。