冷たい方程式 ハヤカワSF

名作と評される、トム・ゴドウィン著の表題作が収録されたSFアンソロジーです。

この短編が書かれたのは1954年。

古いですが、内容は今も決して古びないどころか

今だからこそのリアリティを纏って迫ってきます。

「冷たい方程式」

>病気に苦しむ人々を救うべく血清を載せ飛び立った宇宙船。

>しかし、その宇宙船にはに会うために密航した少女が紛れており、

>パイロットはその子を発見する。最低限の燃料しか積んでいない宇宙船は、

>そのままでは的地に辿り着く前に燃料切れとなり、

>パイロット少女だけでなく、病気に苦しむ人々までもが皆犠牲となってしまう。

    >それを避けるためには…

  (あらすじがわかりやすかったのでニコニコ大百科”冷たい方程式”より引用)

皆さんがこのパイロットだったら、実際、どうしますか?

今なら「ソリッド・シチュエーション・SF」みたいな

売り文句がつけられているだろう、限界状況下での選択に特化した話です。

映画ではSAWやオープン・ウォーターなどがそうでしょうか?

今でこそ、こういうタイプの物語は一般的ですが、

1954年当時はそう多くなかったと思います。

衝撃は凄まじかったようで、他の作家によるオマージュやパロディが量産されたそうです。

この作品の結末はおいておきまして、

ハヤカワSFは、査定の観点から見ても

比較的値がつきやすいジャンルです。

ハヤカワSFをお持ちの方、ぜひサイブックスへ!