こんにちは、サイブックスです。

巷で話題の文庫X。

 

盛岡のさわや書店フェザン店が企画したこの企画は

今や全国の書店にその動きが広がり、

空前のブームになっています。

 

「文庫X」とは書店員さんオリジナルの表紙(ブックカバー)に覆われ、

本のタイトルも何もわからない状態で販売。

 

bunnkox

 

表紙には何やらびっしりとメッセージが書いてあります。

その表紙に書かれている文章がこれです。

 

申し訳ありません。僕にはこの本をどう勧めたらいいか分かりませんでした。どうやったら「面白い」「魅力的だ」と思ってもらえるのか、思いつきませんでした。だからこうして、タイトルを隠して売ることに決めました。

この本を読んで心が動かされない人はいない、と固く信じています。

500Pを超える本です。怯む気持ちはわかります。小説ではありません。小説以外の本を買う習慣がない方には、ただそれだけでもハードルが高いかもしれません。

それでも僕は、この本をあなたに読んで欲しいのです。

これまで僕は、3000冊以上の本を読んできました。その中でもこの本は、少しでも多くの人に読んでほしいと心から思える1冊です。

この著者の生き様に、あなたは度肝を抜かれ、そして感動させられることでしょう。こんなことができる人間がるのかと、心が熱くなることでしょう。

僕らが生きるこの社会の不条理さに、あなたは憤るでしょう。知らないでは済まされない現実が、この作品では描かれています。

あなたの常識は激しく揺さぶられることでしょう。あなたもこの作品と出会って欲しい。そう切に願っています。

ここまで読んでくれた方。それだけで感謝に値します。本当にありがとうございます。

※もし、すでにお持ちの本であった場合、返金いたしますのでお申し出ください。

 

以前、何が出てくるかわからない、

本の自動販売機のブログを書いたことがあるのですが、

一期一会、本の価値とは?

 

それに似て、とてもいいアイデアですよね。

普通に販売していたらめぐり合う可能性が低い本に、

このような覆面の販売方法で、お客様とのコミュニケーションのきっかけをつくり

もしかしたら運命の1冊になるなんてこともあるかもしれません。

 

ネットで調べると中身の本の正体はすぐに出てくるので

気になる方は下記からどうぞ。(アマゾンに飛びます)

 

文庫Xの正体

 

私もまだ読んではいませんがレビューを見るかぎり

面白そうな内容です!

 

気になった方は読んでみてはいかがでしょう?

 

弊社が運営する北区北18条の古本屋「BOOK LAB.」にも

ぜひお越しになってみてください。

運命の本に出会えるようお手伝いさせていただきます。