暮しの手帖

雪まつりも終わり、いよいよ新生活・引っ越し・蔵書整理等

出張買取や持込買取が増えているサイブックスですが、本日は大量の図録・画集と共に……

暮しの手帖・別冊も入ってまいりました。

1946年、大橋鎮子さん・花森安治さんの二人によって創刊された『暮しの手帖』。

この2人はNHKの朝ドラとと姉ちゃんでも取り上げられましたね。

今よく言われる「丁寧な暮らし」の指針として

戦後まもなくから今に至るまで読み継がれている雑誌です。

「ご馳走って なんでしょうか」

何だと思います?

これは朝の「ごちそう」ですね。

日常の家事・雑事に寄り添ったエッセイなどもあり、

読むと心が少し軽くなります。

この『暮しの手帖』は人気があるだけでなく、買取的にもなかなかのものです。

揃えているとすれば手放そうとは思わないかもしれませんが、もし、

整理したいとお考えの方、サイブックスへ一度ご連絡くださいね。