週刊少年ジャンプ

今、少なくとも20~40歳くらいまでの男子であれば、

いや女子でも、老いも若きもどなたでも、この「週刊少年ジャンプ

一度も読んだことの無い方は恐らくいないはず。

1968年創刊(その時点では月刊誌。週刊化は翌年)、

今年で50周年を迎える週刊少年ジャンプ、

50年分読み放題の『ジャンプ図書館』が期間限定オープン。

 

ジャンプ史上最もアツかった時代と言えば

80年代後半から90年代中盤、いわゆる『黄金期』でしょうか。なにせ

ドラゴンボールスラムダンク聖闘士星矢シティーハンター

ジョジョの奇妙な冒険魁!!男塾ろくでなしBLUES

幽遊白書アウターゾーン地獄先生ぬ~べ~etc…

超ド級のビッグネームが続々、同時期に連載されまくっていたのですから。

(ちなみに、『北斗の拳』の連載開始は1983年です)

時はバブル真っただ中。狂奔の時代です。瞬間最大発行部数653万部。

今現在は公式発表で200万部を割り込んでおり、これは日本の勢いと連動しております。

時代と寝た少年漫画誌……それでも、例えば1000枚CD売れば

オリコンランキングに食い込めるような

今の音楽業界と比べると、ずっとずっと勢いがあるでしょう。

話が逸れましたが、この『ジャンプ図書館』

場所は六本木ヒルズ2階。3月15~26日までの期間限定。

黄金期以外でも知名度の高い漫画が多数連載されていたのです。

例えば作者の娘さんによる、

DV告発漫画が衝撃を与えたど根性ガエル』は1970年連載。

打倒読売巨人軍、『一試合完全燃焼』を掲げ

野球なのに死人が出まくる『アストロ球団』は1972年連載。

反戦漫画の傑作・『はだしのゲン』もジャンプですからね(1973年連載)。

 

少年ジャンプの歴史50年分が、当時そのままの形で、

ヒルズに行けば、読める…!

残念ながら私は期間中にヒルズに行けませんが、

行けそうな方は時代の風情を感じに行ってみてはいかがでしょう。

きっと楽しいと思いますよ。