さらばヴィニーポール

人生ある程度長く生きていると、当たり前ですが

色々おきますね。

 

こんにちは。

サイブックスです。

最近、自分もある程度歳をとってきて嬉しいこと

悲しいことまぁ人並みに色々経験してまいりましたが

ここ何年かは有名人の死というもの、しいて言えば

好きな(好きだった)ミュージシャンがお亡くなりになる

ニュースが多いです。

プリンス。(殿下)

スコット・ウェイランド。(Stone Temple Pilots)

クリスコーネル。(soundgarden)

チェスター。(LINKIN PARK)

そして先日は元パンテラのドラマー

ヴィニー・ポールがお亡くなりなりました。

パンテラは個人的にすごく好きなバンドで初めて聞いた

時は衝撃を受けたのを今でも鮮明におぼえております。

https://ja.wikipedia.org/wiki/パンテラ

そして2004年には弟でパンテラのギタリストのダイム・バック・ダレルがライブ中

にファンに銃殺されるという事件があり、この事件も忘れられない出来ごとの

一つであります。

今頃は地獄で弟と鬼どもと熱いライブを行っている事でしょう。

ご冥福など祈りませんがこの最高の兄弟にパンテラというバンド

で最高の音楽を僕に聞かせてくれてありがとう。

と言わせていただきます。

でわでわ。

昭和30~50年代の本格派 料理本 を買い取り致しました!ジビエ・ヴォライユ・茶懐石・むきものetc

先日、昭和レトロな時代の本格的な 料理本 を買い取り致しました。

 

写真は一部ですが、日本料理を中心に、その時代にはまだコアな料理であっただろうフレンチも。

茶懐石、食材の剥き方の 料理本 など、今見ても料理好きであれば濃厚で面白そうな深い内容で、

ざっと目を通しても料理・食材の歴史やレシピに至るまで様々な知識が盛り込まれています。

 

 

他にも現在は中々手に入らない、希少な 料理本 も含まれていたので、

料理に限らずですが、専門書の需要は十分にある事を改めて実感しました。

ご自宅に眠っている本など、是非サイブックスにお問い合わせ頂ければと思います!

 

 

剥き方の基本でも日本料理だけで83種もあるなんて、

料理は本当に奥深いですね。

 

 

 

ジャパニーズハードコア・パンク 黎明期の貴重な記録

こんにちはサイブックスです。

 

 

先日、ジャパニーズハードコア・パンクのレコードをたくさん買取させていただいた事をブログに書いたのですが、、、

(その時のブログはこちら)

ジャパニーズハードコアパンクレコード を大量に買取させていただきました。
タイミングよく、こんなニュースが飛び込んでまいりましたので紹介させていただきます。
「ジャパニーズハードコア・パンク のドキュメンタリー映画が34年ぶりにデジタル・リマスター編集され、この夏より順次全国公開。」

 

ナタリーより

安田潤司監督による1983年公開のドキュメンタリー映画「ちょっとの雨ならがまん」、および同監督による1993年の作品「ファー・イースト・ベイビーズ」が、デジタルリマスターと再編集を施して8月18日より東京・新宿K’s cinemaなど全国で順次公開されることが決定した。

“ハードコア四天王”と呼ばれたGAUZE、G.I.S.M.、THE EXECUTE、THE COMESや、INUやFUNAを解散したのち人民オリンピックショウとして活動していた町田町蔵(現・町田康)「狂い咲きサンダーロード」「爆裂都市 BURST CITY」を続けて発表しインディーズ映画界の寵児となった石井聰亙(現・石井岳龍)、そしてTHE TRASH、CLAY、GASTUNK、サヨコ(ZELDA)、佐藤幸雄(すきすきスウィッチ)、MASAMIといった面々が出演している。

 

 

公式サイト
http://silvergelatin.main.jp/movie/chottonoame-feb/theater.html

 

公式サイトによると、札幌での公開はまだ未定のようですが、ぜひ札幌でも公開してほしいですね!

気になる方はこまめにサイトなどチェックしてみてください!

もちろん、サイブックスではジャパニーズハードコア・パンクのレコードやカセットなどはどこよりも高価買取いたします!

 

もしお家に眠っている方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談ください!

コロンビア

ワールドカップ、ご覧になりましたか?

あのコロンビアに対しての歴史的大勝利を。

香川!大迫!ハリルホジッ…西野監督!

と言っても。私はサッカーを何人でやるかすら知らないんでアレなんですが

ちょうど安居酒屋でひとり泥酔していたら、

いきなりその場の客や店員が全員絶叫。

正直、テロかと思いましたね! それがコロンビアから1点をもぎ取った瞬間でした。

球一発で、これだけの多くの人の心を滾らせる……。

サッカーの力は本当に偉大だと思います。

サッカーが燃やす火、海外においては、サッカーファンが暴動や

敵チームと抗争したりするくらい燃え上がるそうですね。まさに炎上!

これについて、ロシアではサッカー連合知事イゴール・レベデフさんがこう言っています。

「サポーターの戦いはスポーツに変えることができる。

攻撃性を平和な方向へと向けるのは簡単なことだ。

たとえば、イングランドのサポーターがやってきて、そこで挑戦に応じて戦いを開始する。

双方から20人ずつ、武器を持たずに戦う。その他のルールは我々のウェブサイトにまとめようじゃないか」

(http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=41616 より引用)

有名ロシア女性スパイ、アンナ・チャップマンさんはこう語ります。

「当然、この“最凶”を決める戦いにはイングランドのファンは関係する。

その最も容赦のない戦いをするならスタジアムでなくて、森の中ですべきだと思う。

酔っぱらった若者が喧嘩するだけだった20年前と違って、今の彼らはより洗練されている。

だからこそ、きちんとした戦いの場所を与えるべきだわ」

(http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=41616 より引用)

み、見たい!

サッカーのルールがサッパリわからない私でもこれならわかります。

サッカーの素晴らしさが拡散、進化してまた違うスポーツを生む……いい連鎖だと思います。

いつか、これがスポーツ化した暁には、

日本のサッカーファンの方々も是非参加してください。

合法的に暴動が出来るチャンスですよ!

 

パン酵房 fu-sora 北海道遠軽町にあるパン屋さん。

パン酵房 fu-sora では、自家製粉石臼挽き100%  自家栽培したオーガニック認証小麦を使用。

 

小麦、ライ麦の栽培にあたっては一切の農薬、化学肥料を使用せずに栽培。
製粉もフランス製の石臼にて必要な分を都度製粉して使用しているこだわりのパン屋さん。

 

 

たまたま、丸瀬布の道の駅で見つけて購入しました。

 

 

食べたらわかります。こだわっている事に。

 

 

 

こだわっているので、お値段も高めですが…

素朴な味がとても美味しいです。

 

受注販売がメインになっている様です。

偶然でしたが、出会えてラッキーでした◎

 

 

気になる方は、ネットで注文してみる価値ありです◎

 

〜〜 パン酵房 fu-sora 〜〜