シアヌークビル と ロン島 フルムーンパーティー 

 

こんにちは、本買取サイブックスです!

 

前回のブログ、カンボジア社員旅行の続きになります

前回のブログはこちら↓

http://sai-books.com/2017/11/

 

首都プノンペンで1泊後

 

14時のバスで海岸沿いのリゾート シアヌークビル に向かうまで

時間があったので

 

まずは、カンボジアの床屋さんに

 

 

カンボジア流のオシャレな髪形になるでしょうか!?

 

 

料金は1人 2ドル!!

2人がチャレンジ

 

カット前

 

カット後

 

カット前

 

カット後

 

なんだか良い感じで、個人的にはちょっとがっかり

ただよく見ると

ちょっと生え際が剃られカンボジア風(笑)

 

その後、トゥクトゥクでマーケットへ

 

 

食料品、衣類、雑貨など

多数のお店があります

 

 

マーケットの後街を少し散策

プノンペンは首都だけあって大都市です

 

いよいよ、今回の旅の目的地

シアヌークビル へ向けて高速バスに乗り込みます

 

シアヌークビル までは約5時間

五郎丸ポーズでお休み中のツボ

 

途中休憩をはさみ、夜7時過ぎに

シアヌークビル へ到着

 

到着後、 シアヌークビル 在住の今回お世話になるキョウコさんと

合流し日本食レストラン「空海」で会食

日本人オーナの日本食は、カンボジアにあるとは思えない位

本格的で美味しかったです

 

日本食と焼酎で盛り上がり、近くに北海道出身の方がやっている

バーがあるとの事で2次会へ

「一福」

ここでも焼酎を・・・完全に酔っ払いました

一福のオーナーは北海道出身との事でいろいろ話をしていると

共通の友人がいたり、友達の元カレだったり  ミラクル!!

 

世界は狭いですね~

 

結局ホテルに向かったのは夜12時近く

 

夜中のプールで遊んだり4時過ぎまではしゃいでしまいました・・

まだカンボジア2日目

 

翌朝、起きて気づきましたがホテルが綺麗で良い感じ

プールで遊んだあと

 

プールサイドで皆で朝食

 

このホテルも朝食付きで1部屋8,000円位と大満足◎

 

カンボジア3日目はいよいよ

フルムーンパーティー がおこなわれる島 ロン島 へ

 

ロン島 へは シアヌークビル から高速船で30分ほど

ロン島 へ向かう高速船はかなり混んでいるので

事前に船のチケットを買うことをオススメします

 

今回は揺れは少なかったですが、かなり揺れることも多いらしいので

酔いやすい方は、酔い止めの薬が必要かも

 

到着したらいたる所から、賑やかな音楽が♪

 

船が着く港近辺はバーやレストランが並んでいます

 

日本人はほとんどいなく、欧米の方達で賑わっております

 

ホテルに向かいビーチ沿いを歩きます

スーツケースはオススメ出来ません・・

砂浜を引きずるはめに

 

10分ほど歩き今回のホテルに到着

 

こちらのホテルも1部屋1泊6,000円

バンガロータイプです

 

チェックイン後

腹ごしらえの為近くのレストランに向かいます

 

南国らしくモヒートで乾杯!

 

 

料理も雰囲気も良いお店でした

 

 

フルムーンパーティー は夜10時頃から始まるとの事で

部屋に戻り一眠りし

 

夜12時過ぎに、 フルムーンパーティー が開催されている

ポリスビーチに向かいます

 

15分ほど海岸沿いや森の中を歩くと

聞こえてきました音楽が

欧米の方がほとんどですがかなり賑わっています♪

 

 

ビーチでは

パフォーマンスをする人たちが

 

曇り空でしたが

月も少し見えました

 

 

ロン島 フルムーンパーティー 貴重な体験ができました◎

 

次の日は、 ロン島 のすぐ近くにある ロンサレム島 へ向かいます

次回のブログでご紹介いたします♪

 

 

 

 

カンボジア 社員旅行 ♪

 

こんにちは、本買取サイブックスです

 

10日以上ぶりのブログになりますが

その間、念願の 社員旅行 に1週間ほど カンボジア に行ってきました~

 

カンボジア と言えば、アンコールワット

ですが、今回の 社員旅行 はアンコールワット行きません

 

大人7名、子供1名の珍道中

その模様をご紹介します♪

 

 

朝7時45分の飛行機で成田空港に向かう為、6時30分に千歳空港に集合

初めての海外旅行はツボ(写真右)と2歳のソウスケ

 

いつもと変わらない服装で来たツボのカバンが小さいので

一同爆笑

 

機内に持ち込めるサイズのカバンを預けたのにもさらに爆笑

 

 

成田空港から6時間ほどでカンボジア プノンペンの空港に到着

カンボジアの気温は30度

札幌との気温差は20度以上

 

まず、到着後wifiをレンタルし

みんなで一休み

 

その後、タクシーでホテルまで向かい

チェックイン

 

ホテルはこんな感じで綺麗ですが

1泊1部屋 6,000円ほど

 

屋上にはレストラン、バーがあり

ジャグジーもあります

 

ちょうど、水祭りというお祭りがあり花火もあがり

みんなで乾杯♪

ホテルなのにビールが1ドル

酒飲みにとっては天国です◎

 

その後、食事の為トゥクトゥクで中心地へ

英語がけっこう通じます

 

水祭りの為、凄い人!!

いたるところから賑やかな音楽が流れていて活気があります

 

活気があるのはいいのですが、レストランはどこも混んでいて

なかなか8人で入れるところが無く

 

食事難民に・・

 

ウロウロしていると、屋台には虫料理が~

さすがに食べる勇気はありません・・・

 

 

やっとのおもいで

カンボジアの郷土料理 クメール料理を食べれるお店を発見

クメール料理とビールで乾杯!!

料理の名前は忘れてしまいましたが

どれも安くて美味しかったです♪

 

その後、皆でマッサージを受け

ホテルに戻りカンボジア1日目は終了

 

次回のブログでは、次の日から向かったシアヌークビルや島の模様を

ご紹介いたします◎

 

 

焼肉 やまと は2回目の訪問です!

焼肉 やまと は、羊ヶ丘通り沿いにあります。

 

焼肉 やまと

 

1回目に、 焼肉 やまと に行った時は、あまり印象に残りませんでした。

焼肉 やまと さんごめんなさい…

 

 

なんとな〜く、もう一度行って見ようかなぁ…と思って

期待をせず、2回目の訪問。

 

 

 

1回目に来た時の印象と違って、美味しい!!

七輪も良い感じです◎

 

1回目に来た時は、なんだったのでしょうか…

 

 

こちら、お持ち帰りもできる手羽先の唐揚げ。ホクホクうんまぁ〜

 

 

最近の自分の傾向としては、ジュージーなホルモンよりも、

肉厚のホルモンよりも、薄くてコロコロしたホルモンがお好み。

 

個人的にホルモンと言えば、金剛園 がダントツの一位。

まだ、金剛園より美味しいホルモンには出会えておりませんが…

 

 

焼肉 やまと のホルモンは薄めで、なかなか美味しい◎

 

手前に見えるのが、ミノ。

コリコリ、うましです。

 

 

奥が、サガリとせせり。

 

量のわりに、なかなかリーズナブルなのも◎

 

 

土鍋でご飯を作ってくれるのですが、2合〜の注文なので、

断念しましたが、いつかは試してみたい。土鍋ご飯。

 

 

換気は良くないので、良いお洋服は来て行かない方が無難です。

どうでも良い格好で、昔風のどことなく懐かしい雰囲気の店内で、

七輪を囲んで焼肉を食す。最高です!!

 

 

自家焙煎コーヒーが一押しのようです。

次回はチャレンジしてみます。

 

 

とってもオススメな焼肉屋さんの一つになりました◎

 

 

    炭火焼 焼肉 やまと 

【住所】札幌市清田区清田3条1丁目3−3

【定休日】月曜日

【TEL】011−882−8929

 

 

担々麺

今や中華料理店の定番メニューとなりつつあり
どこでも食べられそうな気がしますが、
そう思って適当に店を選ぶとメニューに載ってなかったり……という担々麺。

そんな担々麺取り扱い店をまとめたポータルサイトがありました。

So Tasty – 担々麺

見ていただけるとわかる通り
掲載されているのは東京のお店が殆どですが、
逆に言えば東京に行った際、
ここを見れば担々麺を食いっぱぐれることは無いはずです。
すさまじい情報量……。

『東京周辺担々麺の食べられる店1762店+882(閉店等』
坦々つけ麺や冷やし坦々等の派生ジャンルもカバーしているようですから安心ですね。

お店検索も楽しいですが、
「前口上」「コンセプト」が非常に読み応えある内容となっておりました。
皆様もぜひご一読いただき、目からウロコを落としてください。
担々麺に対する見識が間違いなく深まります。

So Tasty – 担々麺

遠藤賢司

(えんどう けんじ、1947年1月13日 – 2017年10月25日[1])は、
茨城県ひたちなか市出身・東京在住のシンガーソングライター・ミュージシャン。
自称「純音楽家」。愛称は「エンケン」。
(wikipedia「遠藤賢司」より引用)

公式サイト・遠藤賢治秘宝館10月25日のお知らせにて、
遠藤賢司さんの訃報が伝えられました。
享年70……。胃がんを患ってたんですね。

夜汽車のブルース、満足できるかな、カレーライス、
東京ワッショイ、不滅の男、夢よ叫べ……
ご冥福をお祈りします。