宮沢りえのヌード写真集で1991年に出版。
撮影は篠山紀信。当時宮沢りえは18才であったが、
撮影時は17才と報道されている。
155万部売れたベストセラーであり、
芸能人写真集では今もなお、この記録は破られていません。

社会現象となった宮沢りえのヘアヌードが
現在もなお、とっても議論されています。

miyazawarie_02_140926-thumb-280x280-1028d5e3fd9d

2009年に国会で児童ポルノ禁止法にて
『Santa Fe』が定義に当てはまるのか?
であれば、販売はもちろん、所持も禁止?

葉梨議員の発言が発端で
『Santa Fe』が芸術作品なのか?児童ポルノ雑誌なのか?
メディアを巻き込み話題になりましが
結果でないグレーゾーンっとなっておりました。

そもそも児童ポルノの定義って?

”児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態。
他人が児童の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為又は児童が他人の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの。
衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの。
これらの提供・製造・頒布・公然な陳列・輸入・輸出は、同法第7条で禁止されている。”

これらの法律は日本に限った事ではなく
アメリカ・ドイツなどの国連などの条約で定められています。

規定の範囲は、写真・動画・書籍・雑誌・ビデオ・DVD・WEB掲載などにわたり
WEBに関しては通報して削除要請も行えます。

日本では1999年に児童売春・児童ポルノ処罰法が成立。
2011年・2014年と改正など行われています。
単純所持など罰せられる事は無かったのですが
2015年7月15日からは

・自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノを所持した者
・自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノに該当する児童の姿態を視覚により認識できる方法により描写した情報を記録した電磁的記録を保管した者

その結果
Amazonから『Santa Fe』は削除されました。

なので今後は『Santa Fe』を入手できるルートはオークションか古書店ぐらいで
今後も、この議論は繰り広げられていくのだろうか?

2015年7月26日放送の『ヨルタモリ』
そこで、篠山紀信がゲスト出演して
宮沢りえの前で大判ポラロイド取り出し
『Santa Fe』の未公開写真をテレビ放送。

これは童ポルノ法の単純所持禁止に対しての
篠山紀信のパフォーマンスだったのでしょうね。

と言う事で、『Santa Fe』及び
児童ポルノ関連の物は一切
取り扱いございません。

児童ポルノ関連以外であれば
取り扱い出来る場合もありますので
まずは、お気軽に相談してください。

ちなみに、
児童ポルノ法とは『現実の児童を守る』と言う目的の法律。
2次元やマンガなどは対象外です。

児童ポルノ関連を破棄する場合については
現在曖昧な情報が錯綜しておりますので
随時警視庁などで更新されております。
http://www.npa.go.jp/