札幌国際芸術祭2017 モエレ沼公園 視察してきました!

こんにちは!サイブックスです!
先日のお休みに家族で札幌国際芸術祭の作品展示が行われている

モエレ沼公園に家族と友人たちと行ってきました。
札幌国際芸術祭2017モエレ沼公園会場

展覧会「RE/PLAY/SCAPE」

 

まず目に入るのは遠くからもひときわ目を引く松井紫朗によるバルーン状の彫刻作品と

大友良英+青山泰知+伊藤隆之の作品、百台以上もの中古のレコードプレーヤーを使用した作品《without records》


そして、個人的に一番面白かった伊藤隆介によるジオラマの映像作品と

ナムジュン・パイクのアートロボット《K-567》。


詳しく書くと行った時の楽しみが薄れてしまうのであまり多くは語らないようにします。

展示スペースの入場料は500円ですが、

私はパスポートがあるので無料で入れました。
芸術祭期間中と天気の良さも重なって平日の割に人も多かったです、

展覧会場内は小さい子でも全然大丈夫です、息子は走り回っていました。

一部触ってはいけないところも触ってしまっていましたが、、、、

家族で気軽に回れて、噴水や公園も満喫。

芸術祭は10/1までやっていますので、ぜひ行ってみてください!