当たり前の日々、普通の暮らし、日常的な事って
人それぞれ異なりますが
国境を超えると、その感覚の広がりは大きくなります。

自分は五体満足である事
普通の日々を送れてる事
家族や親友が元気でいてくれてる事
そんな日常にありがたく思っております。

そんな、幸せな自分ですが
何か出来るのでは、何かあるのでは?と
日々考えています。

去年の年末より、障害を持っている子供たちの児童施設への本の贈呈
老人ホームなどの本の贈呈などの活動を行ってきました。

そこで、大きく感じた事があります。
世の中にNPO法人やら慈善団体はたくさんありますが
そのほとんどが、業務内容がアバウトだったり
金銭の流れが不透明だったりっと

ある団体が寄付・募金などを集める事や
ボランティアスタッフを活用している事に
疑問を感じました。
「どこどこのNPO法人の役員は報酬をすごく貰っている」
などの噂は聞いたことありませんか??

お金目的でNPO法人、慈善団体を行っている団体はいると思うし
本当に、非営利目的で社会の何かに役立つための団体もいます。

しっかり、その団体の活動・目的などしっかり調べて行く事も
寄付やボランティアする側で必要だと感じます。

自分はカンボジアに約1年半住んでおりました。
その時「カンボジアは本当に貧しい国なんだな」っと思いました。
私の周りのカンボジア人の給料は月給1万円前後。
物価は安いにしても、どうやって暮らして行くのだろうか??
本当に疑問になり、自分なにり調べました。

KH

カンボジアは80年代、ベトナム戦争の煽りを受け長い内戦が行われいました。
その時の総指揮者はポルポト。
彼の元、約200万人以上が旱魃、飢餓、疫病、虐殺なで死亡しており
まさに独裁政権であり、教師、医者、公務員、資本家、芸術家、宗教関係者などの
知識人のほとんどがその標的となり殺されております。
がゆえ、虐殺歴史があるカンボジアには高齢者が凄く少ないです。
アジアのアウシュヴィッツとも呼ばれている「キリングフィールド」
そこに行くと、当時の残酷差、過酷差など悲しみを感じる事が出来ます。

93fc9669

そんな時代を体験したカンボジアは80年代後半に内戦終了
ようやく国家として前進していきますが
現在のフン・セン首相も、自分から見ると
柔らかな独裁政権を感じます。
カンボジアの学校には、「フン・セン首相のおかげで学校があります」
みなたいな表札がついていたり
フン・セン首相の取り巻きがプノンペンで横暴している話は
当時2009年頃では有名な話でした。

まだ警察国家も自立しておらず、プノンペンの治安も悪く
未だに銃などの発砲事件・強盗は起こっております。

そんなカンボジアは、アジアの中でも
民主国家としてのスタートが遅く
近隣諸国のなかでも貧しい国です。

ただ近年、物凄く経済成長されており
外資がどんどん参入し、不動産投資、ホテル開発、リゾート開発から
最近ではイオンまで出来たと聞きます。

mcb1407090500029-p2

その話を聞くと、なんだかホッとする気がしますが
自分は彼らが競争社会に巻き込まれ
これまでの価値観が大きく変わっていくのだろうと。
そしてそれが本当にカンボジア人に必要なのか?
都心部の若者は、将来の夢に向かって生きていと思います。

ただ農村部では、家族と共に幸せな毎日を送っているさなか
当然、スーツを来た資本主義者があらわれ
あの手この手で、その農家の家族を巻き込んでいるように感じてならないです。

カンボジアの地方の方々は本当にやさしく
ユーモアもあります。
しかし彼らはその競争社会にすら参加できない財力、そして知識。
クメール語8カンボジア)しか話せないと、職種が限られます。
英語や日本語を話せると職種が広がります。
それぐらい、カンボジアでは外資の影響が大きいです。

カンボジアに行くと思う事があります。
かっぷくの良い男性がランクル100を乗り回し
みすぼらしいおじさんがぼろぼろのバイク(カブ)に子供を3人乗せてたり。
そんな光景は日常茶飯事。

p4 IMG_6511

日本人は戦後、貧乏の中
ある程度はみんな平等な状態で成長して来たと思います。

カンボジアはスタート時点で
貧富の差が大きく違います。

フン・セン首相にコネがあり、賄賂をおくり
私腹こやしている人達。

村に井戸もなければ学校もなく
将来の不安を抱える農村部。

私はそんな彼らと触れ合う事が出来たこと
そしてその感情を日本に持ち込み
再び、日本から何か出来ないかと考えれること。

本に携わっている者として
何か出来ないか?

そんな葛藤の日々を送っております。

ただ、そんな状態の国はカンボジアだけではありませんし
諸外国の何かのお手伝いも行いたいですけど
私の住む札幌でも、何かを求めている人達がいる事。

そこを踏まえて
新たに活動していければと思います。

長文になりましたが
この意見に賛同して良いアイディアがある方
是非ともメッセージください!!!

共に何かを行いましょう!!

ありがとうございました!!

 

 

・カンボジアのフリーマガジン
ニョニョム

 

・カンボジアの寄付系の団体

シャンティ国際ボランティア会
GOOD NEIGHBORS
BOOK DE KIFU
育て上げネット
幼い難民を考える会
キフ★ブック
民際センター
一般財団法人国際クラブ
飢餓のない世界を目指して

こんにちは、本買取サイブックスです!

 

 

今日は国公立大学の2次試験ですね

昨日、北海道大学に伺ったら、下見の学生と

それを案内する大学生で凄く賑わっていました

 

受験生にとっては最後の正念場!!

頑張ってください!

 

本日の買取品は

物理学や統計学等の専門書

物理学専門書

物理学専門書

スターウォーズの文庫版です

スターウォーズ文庫版

スターウォーズ文庫版

専門書は当店の得意分野

専門性が高いほど買取金額も高額になる傾向があります♪

 

スターウォーズの文庫版小説

こんなに種類があるんだ~とびっくり!!

2000年以前は竹書房文庫から出版されていて

それ以降はソニーマガジンズ文庫から出版されています

 

全部でどれくらいあるのでしょう?

150以上はあるみたいですが

 

スターウォーズは好きな方が多いので、小説版や

グッズ等も買取りできますのでお問い合わせください♪

 

 

こんにちは、本買取サイブックスです。

 

札幌一晩で雪かなり降りましたね~

朝起きて車に行ったら雪に埋もれていました・・・

すぐに雪下ろしする気にもなれず、とりあえずエンジン

かけて、ローソンでカフェラテ買って一息ついてから

雪下ろししました~

 

というわけで、本日はコンビニコーヒーのお話です。

コンビニコーヒー

コンビニコーヒー

私は普段からかなりコーヒーを飲む方で

仕事中も、外出先でも常に飲んでいます。

 

コンビニコーヒーが出るまでは、外出先ではたまにスタバか

ドトールによる程度でしたが、気軽に買えるコンビニコーヒー

が出来てからは移動中に飲む頻度が増えました

 

自宅や仕事場ではブラックコーヒーを飲むのですが、

外で飲むときにはカフェラテを頼みます

 

今までは、コンビニでもカフェラテを置いているのは

ローソンかファミリーマートだったので、基本ローソンに

よっていましたが、最近はセブンイレブンでもサンクスでも

カフェラテが始まりましたね!

個人的にはすご~く嬉しいです。

今まで移動中ローソン探しちゃってましたから

 

ただ、まだセブンイレブンやサンクスのカフェラテを飲んで

いないので近々飲んで味の比較レポートしたいと思います♪

 

 

こんにちは、本買取サイブックスです!

 

今日は道民みんなが大好きな『カツゲン』についてのお話です

 

先日、従業員から、疲れた時に飲んで下さいと
カツゲンを頂きました

良く見ると・・・『あのころのカツゲン』!?

あのころのカツゲン

あのころのカツゲン

サイズは200mlで、いつも飲んでいるカツゲンに比べ
少し味が濃い目です。

昔からカツゲンは大好きでよく飲んでいたので、
なつかし~なんて言いながら飲んでいたのですが

ふと、「あのころ」って??? と思い調べてみたら

 

昭和54年より前でした!!!

私、53年生まれなので0歳の時ですね・・・

なつかし~なんて言っときながら(笑)

 

カツゲンの歴史は

『ソフトカツゲン』の歴史は、昭和13(1938)年「活素(かつもと)」という名で発売した時代にさかのぼるとされています。 その後、昭和31(1956)年に瓶入り「カツゲン」、昭和54(1979)年に紙パック入り「ソフトカツゲン」として発売し、長きにわたり北海道民に愛されてきました。

 

昔はビンだったんですね~

元祖カツゲン

元祖カツゲン

 

今現在は色々な種類のカツゲンが販売されています

2016年2月16日からは

『ゆずレモンカツゲン』

ゆずレモンカツゲン

ゆずレモンカツゲン

 

過去には

 

『青りんごカツゲン』・『ピーチカツゲン』・『ぶどうカツゲン』

『メロンカツゲン』・『いちごカツゲン』・『みかんカツゲン』

『はっさくカツゲン』・『レモンカツゲン』・『グレープフルーツカツゲン』

『シトラスカツゲン』・『柚子カツゲン』・『なしカツゲン』

『洋なしカツゲン』・『マンゴーカツゲン』・『マンゴスチンカツゲン』

『シークワーサーカツゲン』・『キウイカツゲン』・『バナナカツゲン』

『さくらんぼカツゲン』・『ライチカツゲン』・『うめカツゲン』

『ハスカップカツゲン』・『フルーツミックスカツゲン』

 

こんなに色々出てたんですね!

でも、私は一番プレーンが好きです♪

こちら札幌は昨日まで暖かい日が続き、
このまま行けば3月には春がくるんじゃないか?って感じでしたが
今日はまたマイナス2度……。明日も明後日も寒いようで、
いや~気まぐれな天気ですね。その気まぐれっぷりと言ったら

まるで猫みたいですね!IMG_0612

本日2月22日は、ニャン・ニャン・ニャンで猫の日だそうです。

ついさっき、「カワイイ!!道民にゃんこ」(北海道新聞社・編)
という猫本が入ってきました。
この本は地区別に猫がまとめられてまして、
猫にも地域性みたいなものがあるんだな~と思いますね。

北区

IMG_0601
上から狙ってるぞ!

IMG_0603

すごい勢いでまっすぐこちらに向かってくる!

IMG_0606

油断してはいけない!罠だ!

いや~、さすが北区の猫は武闘派揃いです。

次は千歳。

IMG_0604

私の主人はパイロットですの。新千歳空港の。

IMG_0605

この前またフランスへ行ってきましたわ。新千歳空港から。

IMG_0607

このベッドは北欧から買い付けましたのよ。新千歳空港経由で。

さすが千歳だけあって、猫も超千歳空港って感じですね~。

旭川

IMG_0609

旭川・銀座15丁目市場の高級魚が食いたいぜ!

IMG_0611

旭川しょうゆラーメンのスープうまいうまいうまい

IMG_0608

フライにした具材を特製ソースにくぐらせ、ライスで包み、崩れないよう棒状に圧縮させた旭川B級新名物・ジュンドッグのマネ!

旭川は食べ物が美味しいだけあってみんな食いしん坊ですね!

この本には他にも、地域性豊かな道産子猫が収められています。
北海道の猫の層は厚いですね!
私もいつかは猫が飼いたいものです……。