北大教科書

その他学術書などを買い取りました。

そう、もう二月も下旬を迎え、来月は卒業のシーズンなのです。

その先には入学・引っ越し・新生活・春・爛・漫の新しい季節がやってきます。

北大生の方にとって鉄板のレーヴンジョンソン生物学だけでなく、

はじめての憲法学や言語学・哲学関連書籍も多数。

英語←→日本語の辞書はネット翻訳にヤラれ気味ですが、

仏和辞典や独和辞典などは今も紙の書籍に強い需要があるようです

弊社・系列の古書店である北18条”BOOK LAB”では、

毎年北大生の方がイキのいい中古教科書を持ち込みに来られます。

毎年、北大の教科書等は重点的に高値買取させていただいております。

教科書を処分したい北大生の方、今がチャンス!

もちろん、買い取った中古教科書は新入生、進級生の方にお売りするのです。

こう言ってはなんですが、だいぶお買い得だと好評を頂いております。

来たる新生活!本の整理は当サイブックスやBOOK LAB.におまかせです。

 

医学書・専門書・教科書は高価買取させていただきます!

 

 

こんにちはサイブックスです!

本日は医学書や専門書などを150冊ほど買取させていただきました!

お引っ越しのため整理されるとのことでご連絡をいただきすぐにお伺いさせていただきました。

 

 

 

写真はごく一部でまだまだあります。

画像にもある「病気がみえる」などは人気商品ですので高価買取をさせていただきます!

 

大学なども春休みに入ってきたようで、不要な教科書や専門書などございましたら

値段の下がらないうちに、ぜひご依頼下さい!

 

お持込も大歓迎です、福住の弊社もしくは北大の近くに「BOOKLAB.」というお店もありますので、

ご都合のよろしいほうで気軽にご利用・ご相談下さい!

暮しの手帖

雪まつりも終わり、いよいよ新生活・引っ越し・蔵書整理等

出張買取や持込買取が増えているサイブックスですが、本日は大量の図録・画集と共に……

暮しの手帖・別冊も入ってまいりました。

1946年、大橋鎮子さん・花森安治さんの二人によって創刊された『暮しの手帖』。

この2人はNHKの朝ドラとと姉ちゃんでも取り上げられましたね。

今よく言われる「丁寧な暮らし」の指針として

戦後まもなくから今に至るまで読み継がれている雑誌です。

「ご馳走って なんでしょうか」

何だと思います?

これは朝の「ごちそう」ですね。

日常の家事・雑事に寄り添ったエッセイなどもあり、

読むと心が少し軽くなります。

この『暮しの手帖』は人気があるだけでなく、買取的にもなかなかのものです。

揃えているとすれば手放そうとは思わないかもしれませんが、もし、

整理したいとお考えの方、サイブックスへ一度ご連絡くださいね。

リトマン・ライブラリー ←オカルト関連本の世界でも有名な図書館の秘蔵コレクションが自宅で!

 

こんにちは、サイブックスです!

 

オカルト系の本の装丁や挿絵には心を奪われるものが多いですが、

そんなオカルト本に特化した図書館がオランダのアムステルダムにあります。

 

創設者のヨースト・リトマン、名前から通称 “The Ritman Library” (リトマン・ライブラリー)と呼ばれ

正式名称は”Bibliotheca Philosophica Hermetica” (ヘルメス主義哲学文庫)という私立の図書館です。

 

 

ヨースト・リトマンはビジネスで成功を収め、神秘主義(オカルト)に人生を奉げた人。

この世界でも有名な「リトマン・ライブラリー」のコレクションが、

オンライン公開に向けてデジタル化の作業中とのことで、

個人的に、デザインや挿絵などが特に気になるところです。

 

デザインなどをやられている方などにも注目なのではないでしょうか。
コレクションをデジタル化することになったのも『ダ・ヴィンチ・コード』の著者でもある

ダン・ブラウンが『ロスト・シンボル』『インフェルノ』を執筆中に何度もここを訪れていて

30万ユーロ、日本円でおよそ4千万円を図書館に寄付したためだとか。


現在のところ、44ページのガイドが無料のeブックとして閲覧可能。

その他のアーカイブは、近々オンラインで見られるようになる予定だそう。

情報を見流したくない人は、リトマン・ライブラリーのfacebookなどをフォローしてみてはいかがでしょう!

 

オカルト本は高価買取になりやすいジャンルなのでお持ちの方はぜひ当店にご相談ください!

山下達郎 のレコードやCD、カセットテープなど高価買取中です。

こんにちはサイブックスです!

 

現在発売中(2/1発売)の「BRUTUS No.863」山下達郎 のブルータス・ソングブックは音楽好きなら超必見です!

 

 

 

ラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』の放送開始25周年を記念して、番組の全面協力を得て「山下達郎ブルータス・ソングブック」を作りました。1300回を超える放送の中から、達郎さん自身が22のテーマを厳選。達郎さんが少年時代より聴き込み、思い入れのある音楽について語り尽くすこの番組を書き起こし、さらにポピュラーミュージックの専門家による解説を加えました。ブルータスだけのソングブックを、最高の選曲と最高の語り口でお送りします。

 

気になる内容は、3時間に及ぶロングインタビューや故大滝詠一との対談の再録、

なかでも特にいいのが、山下達郎氏のレコードコレクション6万枚のなかから、

[Oldies but Goodies 古いけどいい曲]と称してたくさんのいい曲が紹介されています。

私はこれを参考にアップルミュージックを使ってプレイリストでも作ろうかと考えています。

 
中を見るとわかるのですが、超絶音楽ヲタク(達郎氏)に凄腕ディレクターがついて、

割愛を一切せずにページづくりをしているのが文字数からもわかります。笑

山のような情報がビッチビチに編集し掲載されています。

 

山下達郎好きはもちろんのこと、そうでもない方にも必見の内容となっています!

この手の本はお店の棚からなくなるのも早いです、見かけたらお早めに!

すでに無くなっているお店多いとか、、、
当店でも山下達郎関連のレコード屋CD、カセットテープなどの商品は

高価買取対象ですので、手放す際はぜひご連絡ください~!