京都 裏道

自転車の旅

私事ですが、先日3日間滋賀に行ってまいりました。

その際、6時間ほどの空き時間が出来たため

電車で30分ほどかけ滋賀から京都へ。

今回はその記事です。

 

京都駅周辺にはレンタルサイクルの店が色々あります。

道が狭く、日中常に渋滞している京都市街を行くとなれば

クルマより自転車の方が圧倒的に早いうえ爽快です。

 

レンタサイクル 京都みやび屋

いわゆるドロップハンドルロードレーサーです(このタイプは賃料1日2500円)

寺です。前方の方が誰かは知りませんが、自転車乗ってるので仲間です。

京都最高の観光名所・寺。観光バスがいくつも停まっており、

あらゆるジャンルの観光客が殺到していたため、私は中に入りませんでした。

そんなことより裏道です。路地です。

道民の私からすれば全く異なる風景。

この日は天気も良く、どこを走っても最高でした。

すき焼きラーメンの店 ちいふ

残念ながらすでに閉店していましたが、

すき焼きラーメン」の元祖だそうです。

店を閉めたからでしょうか、「すき焼きラーメン」の簡単な作り方が

店の前に張り出されていますので、

ご興味ある方はこの画像を拡大して見てみてくださいね。

商店街でいただいた「しっぽくうどん」

巻き寿司もつき、とても美味しかったです。

 

表通りに面した旅館

京都は道幅が狭いですが、

そんな中でも作庭と言うのでしょうか、

工夫と美意識でもって涼しげな景を形にしており、頭の下がる思いです。

 

無理矢理名店や名所、名物を追わなくとも、

京都には素敵なものがたくさんあります。

皆様も京都を自転車で駆け巡ってみてください。

観光バスや車では見えないものがきっと見えるはずですよ。

北海道占冠村 ニニウファーム 丁寧な牧場作りを見学してきました

 

占冠村の ニニウファーム 。先日、 ニニウファームの見学に行ってきました。

 

こんにちは、スタッフのMです。

ニニウファーム はファーム作りを始めて数年、知人のご夫婦が経営しています。

 

自然のまま、極力ストレスを与えないよう、オーガニックな牧草を食べて育てられる動物たち!

敷地内の清掃も行き届き、動物臭もさほど感じない、素晴らしい牧場です。

 

可愛がられて育てられた ニニウファームの羊を、夜は感謝の気持ちを感じながら頂きました、、、本当に美味しい。

 

 

ご主人はハンターもされ、ご夫婦で有機栽培の野菜類を育てたりと、

占冠村の奥地で、お二人は北海道ならではの生活をされていました。

 

1泊2日でしたが、掃除や哺乳のお手伝いを少しだけ。毎日となると本当に大変な事だと思います。

自然の厳しさ、食べることの意味を改めて考える貴重な体験でした。

 

ニニウファームの畜肉は、北海道内でも某有名フレンチ等に卸されており、現在は入手困難との事。

 

また夏に伺う予定、BBQの季節、ちょっと良いお肉が食べたくなってきますね~!!

 

 

 

 

ランペイジ 巨獣大乱闘

薬により巨大化したゴリラワニオオカミ

ドウェイン・ジョンソンことロック様

街をブッ壊しながら戦う映画です。

 

 

1986年にアメリカで発売されたゲームが元だそうですが、

この映画を楽しむ上では全く関係ありません。

 

 

この映画を楽しむのに必要な情報はすべて、冒頭で提示されます。

まず、動物側の主役・ゴリラは手話で意思疎通出来るどころか

ゲスなハンドサインでジョーク飛ばすレベルの知能を持つナイスガイです。

 

人間側の主役・ロック様は元特殊部隊員の動物学者で

気風がいいし腕っぷしも強い、その上動物に詳しいナイスガイです。

この二匹は親友でナイスガイです。男同士の絆を持つ同胞です。

 

ワニとオオカミはです。

 

 

この事態の陰には陰謀があります。

 

「バカ映画」ではありません。

 

 

以上、後は大破壊と熱い男同士の絆を楽しんで下さい。

 

街の壊しっぷりも最高なんですが、

ロック様とゴリラが見せる絆と男気がとにかく良く、

最後はイイもの見た気分になること請け合い。

 

近年流行りのアメコミヒーローの内輪ネタ映画みたいに

特殊能力にかこつけて多様性について説教してみたり

力に対する責任について説教してみたり、

とにかく説教してみたり……

 

 

と、説教持ち出さないのも嬉しかったですね。

 

気分のいい娯楽映画を観たい方、

レディ・プレイヤー1とともにオススメです。

 

 

 

買取情報 JAZZ (ジャズ)・LPレコード・コレクション  DeAGOSTINI デアゴスティー二ジャパン

 

JAZZ のアナログ付レコードマガジン【 JAZZ ・LPレコード・コレクション】を買い取り致しました。

2016年創刊、現在44号まで最新号が発売されており、

JAZZ 界の大御所たちの名作の数々が、レコードと解説付きでシリーズ化されている代物です!

 

 

マイルス・デイヴィス ジョン・コルトレーン ・ビリー・ホリデイetc…

JAZZ 好きではなくとも一度は耳にした事のある名曲からコアな名盤 JAZZ まで、

レコードで聴く JAZZ、ライナーノーツ付属とは、至極の時間ですね。

この季節、休日の昼下がりにでも、珈琲と共に(ワイン?) JAZZ に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

写真は一部ですがシリーズの37までの買取、それぞれジャケットも何だかおしゃれでした~。

 

 

 

 

 

 

コミック 星新一

ショートショート招待席

日本におけるショートショートの神様

星新一先生の短編を原作とするマンガ集です。

 

小説やドラマなど、他ジャンルの作品のマンガ化企画は

正直なところクオリティが今イチというか、

お話をマンガ形式に置き換えただけのものも多いイメージですが

今作は違います。

鬼頭莫宏、阿部潤、川口まどか、小田ひで次に志村貴子、鈴木志保など

メジャーとは言いませんが個性と実力は折り紙つきの作家が集められており

収録作のクオリティは極めて高水準です。

 

星新一先生の作品はキャラ描写に重きが置かれず

キャラ名もイニシャルだったりと、

登場人物のビジュアルに特定のイメージがつかないよう書かれていますが

このコミック版では漫画家さんたちのカラーが炸裂した多種多様なビジュアルが展開されます。

特に小田ひで次先生の二作は、(本人も端書で言ってますが)

自分のオリジナル作かと思うような完成度です。

 

星新一先生は、その生涯で1000編以上の作品を書いたそうです。

手塚治虫先生で700作、阿久悠先生が5000曲、

筒美京平先生は2600曲……と、分野は違えど

天才と呼ばれる方々はまず作品を生む数がすごいですね。

私もあやかりたいです。